【 助成金対象 】2018年4月の新入社員向けオープン講座

Javaプログラミング講座

講座詳細のPDFをダウンロード

Javaプログラミング講座の特徴

助成金を活用した受講例

Javaプログラミング講座

1名さまあたりの受講料/656,000円(税込) 日数/35日間 総時間数/262.5時間

助成金について確認する
講座料金
1名さまあたりの受講料
戻ってくる額
受給できる助成金の概算
ご負担額
最終的な実負担額
助成金の活用例.1※1
★ 2ヵ月前までの申請が必要
656,000
1,045,300
-389,300

助成金の方が多く支給されます

助成金の活用例.2※2
★ 2ヵ月前までの申請が必要
656,000
946,900
-290,900

助成金の方が多く支給されます

助成金の活用例.3※3
★ 1ヶ月前までの申請が必要
656,000
494,700
161,300
活用しない場合 656,000
0
656,000

実施エリア

  • 東京23区(新宿、日本橋など)
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 香川
  • 福岡
  • 沖縄

対象者

  • 新入社員の方
  • 中途入社の方
  • 既存社員の方 など

習得スキル

  • ネットワーク基礎
  • オブジェクト指向プログラミング
  • Javaプログラミング
  • データベース/システム開発

Javaプログラミング講座の日程

日程 時間 カリキュラム
4月10日(火) 9:00-17:30 プログラミング基礎/ Java 入門.1
4月11日(水) 9:00-17:30 プログラミング基礎/ Java 入門.2
4月12日(木) 9:00-17:30 Java プログラミング基礎.1
4月13日(金) 9:00-17:30 Java プログラミング基礎.2
4月16日(月) 9:00-17:30 Java プログラミング基礎.3
4月17日(火) 9:00-17:30 オブジェクト指向プログラミング.1
4月18日(水) 9:00-17:30 オブジェクト指向プログラミング.2
4月19日(木) 9:00-17:30 オブジェクト指向プログラミング.3
4月20日(金) 9:00-17:30 オブジェクト指向プログラミング.4
4月23日(月) 9:00-17:30 HTML/CSS/JavaScript.1
4月24日(火) 9:00-17:30 HTML/CSS/JavaScript.2
4月25日(水) 9:00-17:30 HTML/CSS/JavaScript.3
4月26日(木) 9:00-17:30 HTML/CSS/JavaScript.4
4月27日(金) 9:00-17:30 HTML/CSS/JavaScript.5
日程 時間 カリキュラム
5月1日(火) 9:00-17:30 HTML/CSS/JavaScript.6
5月2日(水) 9:00-17:30 JSP/Servlet.1
5月7日(月) 9:00-17:30 JSP/Servlet.2
5月8日(火) 9:00-17:30 JSP/Servlet.3
5月9日(水) 9:00-17:30 JSP/Servlet.4
5月10日(木) 9:00-17:30 データベースプログラミング.1
5月11日(金) 9:00-17:30 データベースプログラミング.2
5月14日(月) 9:00-17:30 データベースプログラミング.3
5月15日(火) 9:00-17:30 フレームワーク.1
5月16日(水) 9:00-17:30 フレームワーク.2
5月17日(木) 9:00-17:30 フレームワーク.3
5月18日(金) 9:00-17:30 フレームワーク.4
5月21日(月) 9:00-17:30 フレームワーク.5
5月22日(火) 9:00-17:30 Java システム開発実務演習.1
5月23日(水) 9:00-17:30 Java システム開発実務演習.2
5月24日(木) 9:00-17:30 Java システム開発実務演習.3
5月25日(金) 9:00-17:30 Java システム開発実務演習.4
5月28日(月) 9:00-17:30 Java システム開発実務演習.5
5月29日(火) 9:00-17:30 Java システム開発実務演習.6
5月30日(水) 9:00-17:30 Java システム開発実務演習.7
5月31日(木) 9:00-17:30 Java システム開発実務演習.8

※ カリキュラム内容、日程は変更する場合がございます。

Javaプログラミング講座のカリキュラム

Chapter.1プログラミング基礎/
Java入門
1.
コンピュータとプログラム
2.
プログラムの基本構造
3.
プログラミング思考に慣れる
4.
Javaイントロダクション
5.
インターネットの基礎知識
6.
インターネット関連用語の基礎
7.
Webシステム入門
8.
データベース入門
9.
開発環境のセットアップ
10.
Eclipseの基本
Chapter.2Javaプログラミング
基礎
1.
Javaプログラミングの基本
2.
演算と変数
実習課題 1-1(平均値の計算)
実習課題 1-2(不快指数の計算)
3.
分岐処理 1
4.
分岐処理 2
実習課題 2-1(ランダムな数の大小判定)
実習課題 2-2(不快指数の計算と判定)
5.
配列 1
6.
反復処理 1
7.
配列 2
8.
反復処理 2
実習課題 3-1(配列内の数の合計)
実習課題 3-2(for文を使ったピラミッドの描画)
9.
定数
10.
メソッド
11.
変数のスコープ
実習課題 4-1(税込金額を計算するメソッドの実装)
実習課題 4-2(階段を描画するメソッドの実装)
12.
クラスの利用
13.
コメント
14.
コーディング規約
Chapter.3オブジェクト指向
プログラミング
1.
オブジェクト指向入門
2.
オブジェクト指向プログラミング基礎
3.
クラスの継承
4.
抽象クラス
5.
インターフェース
実習課題 1-1(簡単なクラスの作成 1)
実習課題 1-2(簡単なクラスの作成 2)
6.
ストリーム入出力
7.
ファイル入出力
8.
ロギング
実習課題 2-1(テキストファイルの行数のカウント)
実習課題 2-2(九九の表をテキストファイルに出力)
9.
List
10.
Set
11.
Map
12.
StringBuilder
13.
日時の扱い
実習課題 3-1(得点が記入されたテキストファイルを読み込んでヒストグラムを作成する)
14.
例外
15.
アノテーション
16.
プログラムのテスト
17.
デバッグ
実習課題 4-1(テキストファイル内の単語数を数えるプログラム 1)
実習課題 4-2(テキストファイル内の単語数を数えるプログラム 2)
実習課題 4-3(ネット上にあるファイル内の単語数を数えるプログラム)
Chapter.4HTML/CSS/
JavaScript
1.
HTML/CSS入門
2.
HTMLの基本要素
3.
文章の基本要素
4.
ページのリンク
5.
画像の埋め込み
実習課題 1-1(基本的なWebページの作成)
6.
文書の構造化
7.
CSS 基礎 1
実習課題 2-1(基本的なスタイルのついたページの作成)
8.
CSS 基礎 2
実習課題 2-2(ボックスモデルのプロパティを設定したページの作成)
9.
CSS 基礎 3
10.
表の作成
11.
フォームの作成
実習課題 3-1(旅行代理店サイトのトップページの作成)
12.
JavaScript 基礎
13.
ウィンドウ操作
14.
タイマー処理
15.
jQuery 基礎
16.
jQueryによる要素の操作
17.
jQueryによるイベント処理
実習課題 4-1(別ウィンドウで地図を表示するリンク)
18.
jQueryによるエフェクト処理
実習課題 5-1(ページ上の画像を一定時間毎に切り替える)
19.
jQuery 応用
20.
jQueryプラグイン
実習課題 6-1(フォトギャラリーページを作る)
21.
フロントエンドフレームワーク入門
22.
Twitter Bootstrap 基礎 1
23.
Twitter Bootstrap 基礎 2
実習課題 7-1(Twitter Bootstrapを利用したページの作成)
Chapter.5JSP/Servlet
1.
開発環境のセットアップ
2.
JSP 入門
3.
JSP 基礎
実習課題 1-1(基本的なJSPページの作成)
4.
リクエスト処理
実習課題 2-1(フォームデータの処理)
5.
状態維持
実習課題 3-1(セッションを利用したログイン機構の実装)
6.
JSTL 概要
7.
JSTL 基本機能
8.
JSTL 出力フォーマット
9.
JSTL 関数
実習課題 4-1(JSTLを利用したページの作成)
10.
サーブレット入門
11.
サーブレット基礎
12.
サーブレットとJSPの連携
実習課題 5-1(サーブレットとJSPを組み合わせたページの作成)
13.
JavaBeans
14.
設定ファイルの基本
15.
サーブレットフィルター
実習課題 6-1(ファイルに保存された情報を閲覧するページの作成)
実習課題 6-2(ファイルに保存された情報の編集機能の追加)
Chapter.6データベース
プログラミング
1.
開発環境のセットアップ
2.
MySQLによるDB操作
3.
MySQLによるデータ操作
実習課題 1-1(備品管理システム用データベースの準備)
4.
ER図基礎
5.
ER図の作成
実習課題 2-1(備品管理システム用データベースをER図で表現する)
6.
JDBC 入門
7.
JavaによるDB操作
実習課題 3-1(データベースに登録されている備品リストを表示するページの作成)
8.
DAO パターン
実習課題 4-1(備品管理システムの備品リストペー ジのDAOパターンによる実装)
実習課題 4-2(備品管理システムの備品登録機能の実装)
9.
ユーザ認証
実習課題 5-1(備品管理システムのログイン機能の実装)
10.
セキュリティ対策
Chapter.7フレームワーク
1.
フレームワーク入門
2.
Springの概要
3.
SpringのDI機能
4.
SpringのAOP機能
実習課題 1-1(SpringのDIxAOP機能を利用したプログラムの作成)
5.
Spring JDBC 入門
6.
Spring JDBC 基礎
7.
Spring JDBC 例外処理
実習課題 2-1(Spring JDBCを利用したデータ操作の実装)
8.
SpringMVCの基礎 1
実習課題 3-1(Spring MVCを利用したWebシステムの作成)
9.
SpringMVCの基礎 2
実習課題 3-2(Spring MVCを利用した備品管理システムの実装)
10.
Springのバリデーション機能
実習課題 4-1(Springのバリデーション機能を使った備品管理システムの実装)
11.
Springのタグライブラリ
実習課題 4-2(Springのタグライブラリを使った備品管理システムの実装)
12.
Hibernate ORM 入門
13.
Hibernate ORMの利用
実習課題 5-1(Hibernate ORMを使ったデータベースアクセス)
実習課題 6-1(Hibernate ORMを使った備品管理システムの実装)
Chapter.8Javaシステム開発
実務演習
1.
プロジェクト演習概要
2.
仕様の理解
3.
スケジュール作成
4.
詳細設計
5.
実装
6.
単体テスト
7.
結合テスト
8.
ドキュメント作成
9.
工程管理レビュー
10.
成果発表資料作成
11.
成果発表

※ カリキュラム内容は変更する場合がございます。

【助成金対象】2018年4月の新人向けJavaプログラミング講座講座・助成金について問い合わせる PHPプログラミング講座はこちら

受講前、受講後の流れ

1 .講座のお申し込み、お問い合わせ

お電話、メール、またはフォームよりご相談内容をお申し付けください

2 .受講費用、助成金のご説明

助成金の活用で費用を抑えた新入社員研修をご提案いたします

3 .オープン講座の実施

実績のある講師が2名~の万全な体制で研修を進行いたします

4 .多くの実践課題、実習、中間テストを交えて
  開発現場に即した講義を実施

研修期間期間中に研修生日報、週次で講師による研修生の状況レポートの報告をいたします

5 .オンライン教材の提供(予習、復習サポート)

研修期間中、研修終了後の4ヵ月間に更なる研修成果を向上するために
講師の無料オンライン講義動画でご提供します

6 .最終レポートの提出

研修終了時に研修生の理解度、評価を講師からレポートとしてご報告いたします

【助成金対象】2018年4月の新人向けJavaプログラミング講座講座・助成金について問い合わせる PHPプログラミング講座はこちら

知らないと損する
人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)

メリットその1 お金のメリット

研修費用より助成金の方が多くなる

新入社員研修では、助成金を活用した研修計画を国へ申請することで、研修でかかった費用よりも高い金額の助成金をもらうことができます。(人材開発支援助成金の特定分野認定実習併用職業訓練・認定実習併用職業訓練をご活用の場合)また、既存社員、契約社員、アルバイトのスキル向上の研修でも実費を大きく軽減できる助成金があります。

もらえる金額(助成金)はこちら

メリットその2 返済不要のメリット

企業規模、業種は問わず、返済は一切ナシ

条件を満たせば企業規模に関わらず助成金を活用することができます。また、もらえる助成金は一切返済の必要がありません。時には高額になる研修費用を0円にできることは企業の利益に繋がる最大のメリットです。

助成金の条件はこちら

メリットその3 労働力確保のメリット

面倒な書類作成も
専属コンサルタントがサポート

助成金申請には大量の申請書類が伴います。アイクラウド研修サービスでは助成金申請における作業時間を大幅に軽減できるよう申請書類の作成ポイントのアドバイス、サポートを行っています。(申請の代行は承っておりません。代行をご希望の際はパートナー社労士をご紹介させていただきます)

助成金の申請サポートはこちら

会社概要

会社名
株式会社アイクラウド
英語表記:icloud inc.
設立
2011年1月4日
役員
代表取締役社長   吉野 竜司
代表取締役副社長  富田 一年
取締役       鮫島 秀次
取締役       吉野太佳子
事業内容
事業の成果につながるコンピュータ研修および
ICT人材育成
ウェブマーケター育成を主とした研修
ウェブ解析士認定講座の運営
取引銀行
三井住友銀行  青山支店
大東京信用組合 青山支店
電話番号
03-6863-4805
本社
東京都港区北青山2−7−26 Landwork青山ビル2F

講座について聞きたい」「自社が支給対象かどうか知りたい」「まずは相談したい

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日10:00 - 17:00
メールは24時間受付:kenshu@icloud.co.jp

TEL.03-6863-4805

フォームでのお問い合わせ

弊社サービスに関するご質問やお問い合わせなども
お気軽にお寄せください。

PAGE TOP